すばらしい製品やサービスのプレゼンターを任されたならば、効果的に表現するコミュニケーション方法を学びましょう。
お世辞にも良い製品とはいいがたい製品もあります。マーケットがまだ製品の出来が悪いということや、サービスが不安定ということに気づいていないということであれば、その評価が下されるのも時間の問題ということです。
しかしながら、すばらしい製品やサービスがある場合、その製品のプロモーション方法を学ばなければなりません。以下に述べるのがプレゼンテーション組み入れられる5つの方法です。

1)ヘッドラインひとつではじめる
あなたが一番伝えたいことがダイナミックなトーンで確実に伝わる事を確認してください。

2)プレゼンの概要を準備する
聞き手にあなたがどんな話をするのかを伝えましょう。聞き手が理解できるように簡単なものにしましょう。実際にプレゼンテーションする時は、聞き手がきちんと話についてこれるように
シンプルなものにしましょう。あなたの製品・サービスに対する熱意を見せましょう。

3)詳細を述べるのではなく、経験を見せる
まれに、12GBのメモリースティックを持ってくる人がいます。その代わりに ”12GBもあれば月まで行って戻ってこれるだけの音楽を入れる許容量があります!”と言えるようになりましょう。

4) ビジュアル効果のあるもを利用する
パワーポイントでうんざりした経験のある人も居るのではないでしょうか。スプレッドシートを見たいだなんて思う人は居ません。その代わりに、イメージを沢山取りいえたプレゼンテーションをしましょう。写真を貼ったり、映像を使ったり。”魅せる”という事を意識して、楽しみましょう。

5) リハーサルX3!
リハーサル!リハーサル!リハーサル!あなたは、多数の人の前で話をするのです。どんな話をするのか練習しましょう。何を見せるのかを練習しましょう。