ショーテルのシンガポールチームは、ASEAN 加盟国で行われた、VmWare の V フォーラムで、見事なまでにシンプルなショーテルユニファイドコミュニケーション ( ShoreTel Unified Communications ) のプラットフォームを発表し、実演しました。

データセンターやクラウドサービスを提供する企業、セキュリティソフトウェア、在庫管理や多くのデータをストレージできる企業など多くの販売業者が、VMware に参加している様々なお客様に、彼らの製品やサービスを紹介していました。ストレージについては、明らかに誰もがハードディスクドライブ ( HDD ) からソリッドステートドライブ ( SSD ) へ移行したいと考えているようです。

多数の企業が、シンガポールのショーテルのブースに足を止めました。その製品について問い合わせし、マンゴー味のスムージーも楽しんでいました。

それは、人々にショーテルのオレンジを印象づけ、さらにIP通信業界の中で、この上昇している企業のテクノロジーを体験する機会を与えた印象的なショーでした。