Digital_or_Paper_s
インターネットやソフトウェア、モバイルアプリケーションの世界には、あなたの時間やタスク、優先順位などを管理することができる、たくさんの手段があります。無限は言い過ぎかもしれませんが、確かにそれらのツールは、あなたの時間を効率良くするために役立つでしょう。

ソフトウェアツール
アイネオチームは、Microsoft Exchange/Outlook、Nozbe、Zimbra、Lotus Notes (Domino)、Google Apps、Planner Plus、Evernoteなどの多くのデジタルツールを使っています。もしあなたが信頼性の高い紙のツールに移行したいのであれば、過去のフランクリンプランナーのファンたちは、最近では年ごとにFilofax, Dayrunner, Franklin-Covey, DayTimer または Bindexなどから選んでいます。

紙のプランナー
挑戦することは、何があなたやチームにとって物事をやりとげるための本当の助けとなるかを知ることができます。それはソフトウェアなのか、紙なのか、それとも何か別のものなのでしょうか。アイネオでは、私たちは様々なことに挑戦し、大変興味深いいくつかの結論がわかりました。要するに、あなたの時間やタスク、優先順位を管理するためのもっとも効果的な方法は紙のツールでした。紙のプランナーがもっとも良いプランナーだったのです。

紙のプランナーは、どのようにしてスマートフォンやタブレットまたはPCベースのアプリケーションに勝つことができたのでしょうか。
以下が私たちの結論です。
1. 書くことは、思い出すということを自身の中にイメージさせます。これは画面上でタイピングするより、書くほうが良いでしょう。
2. 何かを書き出したとき、あなたは全体の大きな画像として捉えることができます。
3. 書くことは、あなたが話すのとだいたい同じくらいの速さでできることです(早口の人を除いて)。そして、タイピングより速いでしょう。
4. 手書きの画像は、他のことに関連づけるきっかけとなります。
5. あなたがリストの完了した項目にチェックするときには達成感があるでしょう。
6. あなたがいつ何をしたかを数年後まで文書として記録しておくためには、日々のタスクリストやカレンダーは大変優れています。

もちろん、あなたはチームとコミュニケーションをとる必要があるでしょう。スケジュールや、プロジェクトのタスク、その他にやるべき事などを共有したり、どんなコミュニケーションでさえも、すばらしい協力関係のためには必要不可欠です。このように、紙だけではできないこともいくつかあります。

それはあなたのツールボックスのすべてです
アイネオ株式会社のすべてのグループ会社で、パートナーのお客様やお互いにコミュニーションを取るために、私たちは QuickerWeb.com という私たちのビジネス用メールサービス(Zimbraをベースとし、クラウドサービスをコラボレーションしています)を使っています。私たちの多くが、日々のやるべきリストを書き出すために、Franklin-Covey, Bindex (日本基準のスタンダードなサイズのシステム手帳), や他の紙ベースのプランナーを収納バインダーと共に使用しています。そして住所や電話番号については、QuickerWeb.com、SugarCRM、そして私たちの iPBX クラウド電話サービスなどを一緒に使用しています。

効率が良いということはとてもすばらしく、そして日々の終わりにやるべきことを考えずに済むということは、とても気分が良いですね。