マイクロソフトが携帯電話市場に再参入してきました。 現在、いくつかのWindowsモバイルフォンが市場に出ています。それは、BlackBerry、iPhone、およびアンドロイド・パワーデバイスから少しでもシェアを取り戻すための再参入です。 さて、達成することができるのでしょうか?

私たちは、このハードウェアについての経験はまだありませんが、ここに、私たちが市場でヒアリングしたいくつかのコメントを紹介します。

-Windows7フォンには、コピー/ペーストの機能が全くありません。 おそらく彼らにとっては大きな挑戦になるでしょう。なぜなら大部分のユーザーは、BlackberryやiPhoneの持つ機能を既に内包していると期待するからです。
-マルチタスクー :できません。 これは、この電話が一度に1つのアプリケーションしか実行できないことを意味します。
-視覚ボイスメール :無し
-ビデオ呼電機能 :無し
-WIFIホットスポット :無し
-統一受信トレイ :無し
-サードパーティアプリケーション :未だ誰もこのプラットフォーム用に開発していません

上記を全般にみて、既にBlackberry、iPhone、Androidのデバイスを持つユーザーから引き離せるだけのキラー・アプリケーションを持っているとは思えません。「タイル」と呼ばれるメニューシステムへのアプローチが「新鮮で簡単」だというコメントがありました。 また、彼らには、「ハブ」と呼ばれる、例えば人々や音楽のようにものを集めるための何か良い特別なアイデアがあるようです。
この電話の現段階での最大のセールスポイントは、Xboxの製品ラインとの統合です。(もちろんマイクロソフト)
AINEOは、この製品群を今のところはお薦めできません。 私たちもオフィスで使われなくなっているWinMo(Windowsモバイルフォン)をかなりの数持っています。 私たちのチームも、Blackberryに非常に満足していますが、現在はiPhoneも使用しています。 東京オフィスでは、テスト用に4個のアンドロイドを使用しています。 また、4人のデバイスの技術者が、iPhoneのテストを行いました。 結論としては、AndroidにはiPhoneに追いつくチャンスがあるということでした。
スマートフォンに関しては、セキュリティ、キーボード、およびアジア太平洋間であれば、ローミングが低コストであるBlackberryが一番気に入っています。