McKinsey-_Future_of_Japan

日本は長い間、世界第2位の経済大国の地位を占めてきた (現在は米国と中国に次いで第3位)。しかしここ20年ほど、そうした経済的主要国に留まるための苦労が絶えない。これについては、多くの個人、そして日本市場の購買力を売り上げ面での頼みとしてきた多くの企業が心配している。

ビジネス界を思想面でリードする存在のひとつが、最近、この問題について深くまで掘り下げる提言をおこなった。マッキンゼー・アンド・カンパニーが、オフショアリング、国民の高齢化、技術革新の継続・維持といった、他の先進諸国も直面している問題を日本はどうしたら解決できるのか、仔細に検討した報告書を作成したのだ。この報告書はこちらのMGI (McKinsey Global Institute) から入手できる。