6 世代目 iPhone の信じられないほどの人気と共に、高い技術力を持つ私たちのチームに、iPhone 6 とiPhone 6 Plus のどちらが優れているかという質問が多くの方から寄せられています。実際にその質問に答えようとするならば、あなたができるベストなことは、その製品を使用することです。それは、まさにアップル社が望んでいることですね。

アイネオに関しまして、私たちは、クラウド電話のアプリビジネス用Eメール、およびバーチャル・デスクトップ (近日発表予定) を提案しております。同テクノロジー企業向けに、あらゆるデバイスで私たちのサービスを使用して頂きたいとの思いから、iPhone 6 Plus とiPhone 6を購入しました。私たちは1ヶ月間それぞれのデバイスを使用しましたので、あなたにとって良いフィードバックができるでしょう。

iPhone 6

この新しい携帯はとてもすばらしいです。もちろん、そのセールスポイントは相変わらず、高性能だという点です。以下がアップル社のセールスポイントです。

・高速な CPU
・大きなディスプレイ
・薄い本体

アップル社は、iPhone 5s から iPhone 6 へ上記のポイントを変更しました。それでは、iPhone 5s をお持ちの場合、iPhone 6 を購入する意味があるのでしょうか。我々の答えはノーです。お金を節約するべきです。もし 4s をお使いか、または携帯電話に割引を適用できる場合は、100ドルかそのくらいの金額を追加で支払う場合もあるかもしれません。

iPhone 6 はディスプレイも大きく、良いスマートフォンではありますが、ベルトケースを使用しているような人であれば、自分の腰のあたりにに小さな盾のようなものを持って歩いているように感じるかもしれません。使用後すぐにポケットにしまう人であれば、そのサイズはちょうど良いでしょう。

それでは、iPhone 6 Plus についてはどうでしょうか?

iPhone 6 Plus

Plus もまた同様に、すばらしい機種です。しかし、それは明らかにサムスンのノート型の機器を模倣しています。それが発表された時、私たちは革新的なセンスのあるアップル社が、まるで模倣を得意とする会社のようになってしまったのではないかと懸念しました。しかしながら、Plus を使用してみると、それがすばらしいデバイスであるということが分かります。アイネオでは、タブレット端末の iPad Mini を多く導入しております。Plus は、iPhone または iPad の良い代わりとなります。しかし、ほとんどの利用者にとって iPhone Plus は大きすぎます。平日にスーツを着用しているなら問題ないと思いますが、週末にポケットに収納するには大きすぎます。女性にとっては、サイフとしての携帯電話としてであれば問題ありませんが、通話しながら持ち歩くのなら、それは大きすぎるでしょう。
他の全ての iPhone においても、国内はもちろんのこと、海外でも同様に、私たちの提供するクラウドサービスを利用できます。私たちのサービスにとって、6クラスの高性能のカメラや新しいジャイロ型のセンサーなどは関係ありません。
結論

私たちの結論は、大多数のスマートフォンユーザーには iPhone 5s で十分です。iPhone 6 と 6 Plus の違いをはっきりさせようとするならば、6 を利用すれば後悔することはないでしょう。私たちのアップル担当のエンジニアの話では、6 Plus ユーザーは常に会議中に端末をテーブルの上に置いているということでした。彼は、Plus は大きすぎるからでしょうと言っておりましたが、私たちもそう思います。
質問やご意見等あれば、こちらにご連絡ください。ビジネスメールのQuickerweb.comとiPBX ホスティングのアプリはどちらの携帯を使ってもとても見やすいですよ。