もしあなたがテクノロジー好きならば、新しいハイテク製品やサービスをオフィスや家ででも試す機会があれば、いつでも喜んでやるでしょう。私たちは今年始めに新しいアップルウオッチの発表を聞き、それが出現するのを数年前に見ました。東京ではまだあまり多くの人がそのウオッチを着けていませんが、iPodの時と同様、その製品が人々に知られるまで、出だしが遅い可能性があります。または今回の場合、人々はこのデバイスが必要かどうか検討しようとしているのかもしれません。

私たちは金曜日の夜ここ東京でアップルウオッチを受け取り、次の昼食時にそれを再び箱に入れました。アイネオは日本ではエンジニアリング、ソフトウェア開発、クラウドサービス構築で有名なハイテク企業なので、市場の製品についての私たちの見解を聞かれることがしばしばあります。

結論から言うと、アップルウオッチは完全に準備が整う前に発売された、不完全で不備のある製品です。もし余剰資金があって、二年もすればほとんど価値がなくなるような高価な時計を買いたいなら別ですが、そうでなければアップルウオッチを買うことはお勧めしません。理由についてはこれからすぐにお話ししますが、価格の観点からでも、ゴムバンドでアルミの時計が52,700円、同様のステンレススチールバージョンが77,000円、そして同様のゴールドバージョンが二百万円です。

さて、私たちがアップルウオッチは待つ方が良いと言う理由は、以下の点からです。

  1. AINEO_Apple_Watch_Testerバッテリーの寿命は約一日です。このデバイスを充電するための別の専用USBケーブルを持ち歩く必要があります。
  2. アップルウオッチのOSはフリーズして、ただ時間を告げるだけになり、システムを完全にリスタートしなければなりませんでした。私たちは本当に時計を無理やりリスタートしたいでしょうか。
  3. 時計の画面が大抵真っ暗なので、会議中にちょっと時間を見ることはもはやできません。
  4. これは大きなセールスポイントになるかと思ったのですが、スピーカーフォーンは電話をかけるときにしかうまく機能しませんでした。かかってくる電話をiPhoneに接続するには時間がかかりすぎました。
  5. この製品は信じられないくらい価格が高いです。

もしアップルウオッチをアンドロイドベースのウオッチと比較する場合、それらは全く異なった二つの分野です。アイネオはアンドロイドデバイスを使うことは全くお勧めしません。たくさんのバージョンやたくさんのハードウェアの選択肢があり、OSでは事実上セキュリティを確保するのは不可能です。ブリティッシュテレコムのセキュリティ専門家は最近「アンドロイドは非常にセキュリティに問題があり、禁止すべきだ」とのコメントを出しています。そこで、アンドロイドとアップルのiOSベースのデバイスを実際に比較することはできません。しかし、私たちは新しいスタートアップ企業ペブルが、スマートウオッチにとってとても魅力的な提供をしているのを発見しました。ペブルウオッチはiOSスマートフォンでもアンドロイドスマートフォンでも機能します。このことに関する詳細はこちらです。[ペブルの記事へのリンク]

結論では、アップルウオッチはいつもディスプレーがついていないので、少々がっかりでした。かかってくる電話をとる反応はあまり早くないし、バッテリーも基本的に一日しか持ちません。旅行に便利とは言い難いです。美しいデザインの製品であり、きっともっと良いものに進化していくでしょう。でも、ITマネージャーの私たちがお勧めのものはと聞かれれば、ペブルウオッチを買いなさいと言うでしょう。こちらの方がもっと反応が早く、ディスプレーはいつもついており(いつも時間を見ることができます) 、ペブルのバッテリーは最高7日持ちます (私たちが通常の業務で使った場合、通常約5日です) 。もし本当に時計にお金をかけたいなら、ロレックスを買ってください。それは実際購入後10年15年たっても何十万円もの価値がある数少ないブランドの一つです。アップルウオッチはデバイスなので、約24ヶ月後にはほとんど0円の価値になってしまうと予想しています。