ウェアラブルテクノロジーは「先端を行く」というよりは「切っ先を行き過ぎて危険」だと感じる向きもあるかもしれませんが、それでも、対応が必要な市場であることに違いはありません。ShoreTelはユニファイドコミュニケーション (UC) ビジネスフォンのサプライヤーとして初めて、Apple Watch用アプリの提供を開始しました。

最新のApple WatchにShoreTelアプリをインストールすると、どのようなことができるようになるのでしょうか。企業内通信の使い勝手が向上します。例えば、グランスビューではShoreTelの作動状況、不在着信やインスタントメッセージの受信件数、通知センターからの通知を見ることができます。ユーザーは電話やメッセージの着信に応答することができます。

ShoreTelAppleWatch

Apple Watch用ShoreTel Mobilityを使って次のようなことができます:

WiFi、携帯電話、データ通信網を横断して業務連絡を入れることで、企業内のよく使う連絡先に簡単にアクセスする
不在時に業務連絡を送ってきた相手にリダイヤルする
セキュアに送られてきた業務用のインスタントメッセージを読み、超高速で返信。事前に設定した返答の中から選択して返信するか、Apple Watchに話しかけることで実現します
掛かってきた業務連絡に出るか出ないかを判断する
勤務状況の確認を行い、最新情報に更新する
ShoreTelコラボレーションセッションにタップ1つで参加する

ShoreTel社のプレスリリースはこちら